栗原 健 takeshi kurihara

CGというものを意識し始めたのは、アニメ版「頭文字D」でした。 車のレースを題材にした話なのですが、車のカットは作画ではなく 3DCGで作られていました。話数が進むにつれ、カッコよくなっていくのが 車好きだった自分にはとても魅力的で、CGに関心を持ち始めました。 もともと別の会社で営業職をしていたのですが、デジハリ(CGの塾?)に 通った後、こちらでCGの仕事をさせてもらっています。

10年後に持って行きたいモノは?

健康体・体力

10年後の自分が見ている景色は?

家族5人で、自分が制作に携った映像を見ている

GALLERY

ページトップへ
ページトップへ